手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

387 スプレーボトル

f:id:rrknkym:20190416200050j:image

ルームスプレーは精製水とボタニカルオイルでその時の気分で作る。3つあって、トイレやリビング、寝室に置いてあった。そのうちリビングで使っていた150ccほど入るのを捨てることにした。

必要な時にいつでも手に取れるようにと思っていたけれど、今の家は部屋数も少なく、いずれは一つでもいいのかもしれない。

とりあえず一つ減らして様子を見ることにした。

385 またバスタオルとフェイスタオル

f:id:rrknkym:20190414211818j:image

日々新陳代謝するのはタオル。ドロドロの手で触る人がいるので、もう白いタオルはやめたほうがいいのかも。でも、白くて汚れが目立つのもいいかも。適量は、フェイスタオル6枚、バスタオル2枚、ほかに入院用の備え。

わかっているのだから処分しながら適量に持って行こう。

プチ模様替え中

f:id:rrknkym:20190409141437j:image

春なのでね、プチ模様替え中。入れ替える中で、また不用品が出てきた。こういうのは新陳代謝みたいなもので、自分の暮らし方や気持ちの変化で「購入」も「所有」も「廃棄」も終わることはないのだと思う。事情があって処分できないものは、リストを作りはじめた。2年以内にずいぶん減らせると思う。

この数年で、わたしはミニマルになりたいわけではなく、必要のないものを持たずに、ゴミを減らしたいのだということがよくわかった。

それを念頭に、少しずつ手を入れ続けることになるだろうと思う。

都会の暮らしでは、リサイクルの道が途切れていることが多く、ゴミもなくなりはしないだろうけど、少しでも捨てなくていい暮らしを目指したいと考えているところ。

384 複合プリンタ

f:id:rrknkym:20190401121550j:image

処分の準備済み。長年使ったプリンタ、fax、コピーの複合機を処分する。紙送りに少々難が出てきたこともあるし、プリントして郵送するという機会が減り、コンビニでいいかとなったこともある。あまり使わないとインクトラブルも多くなるしね。

どんどん変わっていく情報の利用の仕方で、不要なものが出てくるのは仕方ない。本当によく働いてくれてありがとう。

まだ固定電話用の電話機がある。機械としてとても好きだけど、留守電に入っているのは番号の似た新聞販売店への不達の苦情ばかりで、こちらもほとんど不要だと思っている。もうちょっと付き合ってから考えよう。

383 ドレッシングボトル

f:id:rrknkym:20190330232852j:image

100円ショップでいくらでも買えるようなものだけれど、これは東急ハンズで買った。いらないかもと思って、液体石鹸を入れるのに使っていたのだけれど、さらにお役御免。

昔だったらこういう時にとっておいたと思う。例えば洗面所の棚などに。このくらいのちっちゃなもので、家はごちゃごちゃするんだなと思う。そんな風に、何10年も積み重ねてきたんだな。

 

人生には曲がり角だかなんだか、一筋縄ではいかない時期がある。またそんな日々で、落ち着かない。ポツンポツンと更新しながらになりそうだ。

382 琺瑯トレイ

f:id:rrknkym:20190322094249j:image

シメサバを作ったり、魚の下ごしらえをしたり。散々使ってきたけれど、他のもので代用できるので手放す。重さのことも気になる部分。ステンレスより酸に強いし、琺瑯自体は好きだけれど、歳を重ねるごとに苦手になるものもある。

 

一人で動かせないものを減らす

f:id:rrknkym:20190313152956j:image

年を取ってきた。多少動きも鈍いし、なんといっても力がない。普段は5キロのコメと牛乳とキャベツくらい平気だけれど、これから徐々に重たいものは負担になるんだろう。

引っ越しについて考える一環で、家具も少しずつ減らしたい。もう、大きな家具を動かしての模様替えなんてしたくもない。ということは、持つ資格もないのかもね。

それには、中に入っているものを減らすこと。前の引っ越しの時にどっさり処分できたように、今から少しずつ減らしていこう。

そう考えると、手放せる書類や本も出てきそう。

ものにこだわるうちは洗練とは程遠いのではないか

f:id:rrknkym:20190310220850j:image

本当に好きなものだけに囲まれて暮らすという言い方がある。今持っているハサミよりもっと素敵なハサミがあったら買い換えるとか?

好きじゃないものは、だんだんと使わなくなり、使わないものは手放す。そのうち、使っているものだけが残っていく。

それは、「ベスト」である必要はないのではないかしら。

洗練とは、多分態度のことであり、肉体、精神、魂の在り方だと思う。そうであるならば、ものにこだわり、ものに執着しているうちは、とても洗練されないのではないか。

ものは好きなんだけれど、そのことにとらわれないで暮らしていきたい。