手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

手放しても何にも困らない

f:id:rrknkym:20190223100509j:image

そう、知っていた。頻繁に使っていないものを手放しても何にも困らない。ゴールドの長財布はほんとに好きだったものだけれど、手放しても何にも困らない。むしろ、引き出しを開けた時に古いものがないのはスッキリする。

こんなことを300以上も重ねてきて、なおも手放しにくく感じるのは、やはり執着というものだろう。

それだけ真剣に使いたいものを選んできた自分を慰めて、次のステージに進んだらいい。

人生終盤になりつつあるわたし(先輩たちの訃報がどんどん入り始める年頃)としては、もっとどんどん身軽にならないと、大きな家具などはもうすでに一人で解体して外に出すのは辛いだろうと思う。我が家はエレベーターなしの2階にある。どんどん手放して、大きな家具を減らしていくのが年を取ってきた人の仕事だろうな。

367 スカート2枚

f:id:rrknkym:20190222135325j:image

赤のボックスプリーツと黒ちりめんのラップスカート。どちらもよく着た。1年半、ほぼワンピースで暮らしてみてこれがなじむので、しばらくしまってあったら、黒はなんとなくくたびれていて、赤は今気分じゃない。こんな時は手放そう。減らす時期なのだから。

366 長財布

f:id:rrknkym:20190222134441j:image

大好きな青っぽいゴールドでお気に入りだったのだけれど、年をとればとるほど手擦れや傷みは汚らしくなるので買い換えた。同じものはなぜか黄色っぽいゴールドになっていたのでやめて、グリーンの2つ折りにした。

元の財布はカードがやたら入る作りでそれがウリだったらしいのだが、わたしは埋めるほどカードを持っていない。

好きで買って、今でも好きなことと、毎日持ち歩いていたことでなんとなく捨てがたかったのだけれど、処分することにした。

古い財布は捨てる

f:id:rrknkym:20190221110132j:image

コインパースを2つも捨てて、同じようなものがさらに1つ、札入れ2つあるわたし。まっさらなものもある。実家を片付けていて、使い古した財布やいただき物らしいまっさらの札入れがいくつも出てきた。父のもの、母のもの。

本人にしてみれば、心のこもったプレゼントだったり毎日使った戦友のような財布だったりするのだろうけど、片付ける方としてはちっとも心が動かない。むしろ、使い古した財布などは汚く感じる。「そうそう、これ使っていたなあ」と思うものでも、欲しいとは思わない。

で、自分を振り返ればこのありさま。さあ、手放してしまおう。

365 コインパース

f:id:rrknkym:20190220093043j:image

小銭は馬蹄型のケースに入れるのが好き。片付けるのが下手なので、しょっちゅう探しているけれど。どちらもかなり消耗したので処分する。今はコインの入る場所のある財布を使っている。これなら出てこなくならないから。それでも自信が持てなくて、つい先日まで使っていた真っ赤なコードバンの馬蹄型コインパースをひとつ、こっそりしまってある(まだあるのか…)。

364 生ゴミ入れ

f:id:rrknkym:20190220021704j:image

これがあると三角コーナーがいらないのよ、ともらったもの。実はもう何十年も三角コーナーは持っていない。調理の時に片隅に小さなザルを置き、調理しながらクズを入れていく。濡れなければ、生ゴミはあまり汚くならない。

イベントの時にあれば便利と思い、何枚かは使ったけれど一向に減らない。いらない、いらない。

363 USBメモリ

f:id:rrknkym:20190220022116j:image

長年使っているのだが、いつのまにか3個になっているのでひとつ処分。これは多分15年くらい使っている。もっとかも。コンビニでのプリントアウト用や人に渡すデータを入れるために使っていて、頻度は週に1回くらい。

人によってはオンラインよりUSBメモリに安心感を感じる人があり、なかなか必要ないというわけにもいかない。

 

362 麻のハンカチほか

f:id:rrknkym:20190219233611j:image

贅沢なものをいただいて使い切れなかったり、背伸びをして買ったけれど使えなかったり。こんなことに縛られるのはおかしいけれど、自分を否定するよくな気がするのは何故だろう。

たった3枚のハンカチとインド土産のバンダナ。

捨ててもいいリスト

f:id:rrknkym:20190219023538j:image

ただ今、ここに記録している以外に捨ててもいいリスト作成中。こういうことの後には捨てようということありますよね。この冬が終わったらとか、家族が独立したらとか、子供が小学校を出たらとか。そういうものもリストにしておく。

で、わたしは忘れっぽいから、4月のカレンダーに「冬が終わったら捨てるリストをチェックする」と書いておく。思いついた時に書けるように、スマホで管理している。アプリはとりあえず前からチェックリストを溜め込んでいるTrelloにしてみた。

361 ゴムのグリッパー

f:id:rrknkym:20190218214337j:image

生ゴムのグリッパーは、開かない蓋をあけるのにずいぶん役に立った。ずいぶん昔にアメリカのアウトドアグッズを扱う店で買った。

今でも開かない蓋はあるし、力も衰えるばかりだけれど、もう、ホンキで開かない蓋は諦めてもいいのではないか。ゴムも以前より硬くなり、濡らしてからでないとグリップが弱くなった。本当に長い間ありがとう。