手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

雑記

冷蔵庫が壊れた

きのうは音もなく靴が壊れたのだけれど、今日は同じく音もなく冷蔵庫が壊れた。食べることに熱心な家族で、冷蔵庫にも冷凍庫にも、市販の、自作の食品がどっさり入っている。冷凍の魚や肉も全部解凍してしまった。貴重な素材もあるのだが、ここは全部使い切…

靴が壊れた

歩いていて、いきなり靴が壊れた。リベットが外れたらしい。幸いとりあえず普通に歩けるので困りはしなかったのだけれど。一番履いている靴で、傷むと買い換えてきたお気に入りだ。 このところ、合わないかも?と5年ぶりくらいに感じていた。この5年、本当に…

パントリーを片付ける

これから12月の半ばにかけてはパントリーを整理しようと思っている。 このところ、銀行の通帳を減らし、小銭の転がっていそうなところを片付け、生協を絞りとやっているうちに、家計が今こんな具合なんだということがよくわかった。一ヶ所にまとめるとこうい…

捨て力は上がる

毎日毎日、ゴミとも持ち物とも言えないものを手放している。続けているうちにひとつ身についたことがある。 お土産をいただいたら、手さげ袋はその場で処分する。例えば、ボール紙の分別用にすぐ使う。立派だからと取っておかない。いらなければ紙ゴミとして…

冷蔵庫は空にしたい

食べ物のストックがあまり多いのは悩ましい。冷蔵庫はできるだけ空っぽにして、鍋ごと冷やしたり、スイカを入れたりしたい。だから、買い物せずにストックで料理することが多い。 今週は、卵以外は何も買わずにすんだなあ。そんなにストックがあったというこ…

レターセットやポストカード

子供の時から、レターセットやポストカードを持っていた。集めていたというほどではないけれど、素敵なものがあったら買った。季節のもの、好きな写真家のもの、版画やシルクスクリーンの手の込んだもの、文字の美しいもの。いろいろ欲しいものがあった。そ…

断捨離とゴミ出し

最近は、物を捨てることを「断捨離する」とか「断捨る」などと言うけれど、わたしは単純に捨てる、手放すことを断捨離とは言いにくい。まだまだ、本来の不用品を処分しているだけで、ぜんぜん踏み込んでいない。 必要だと思っているけれど手放してみる、そん…

100日目

今日で100日目。毎日何かしら手放して、何も後悔がない。もっともっと減らして大丈夫。わかっているけれど、一気に捨てる、手放すというのは今のわたしには無理。長年積み重ねたものを、少しずつ少しずつ整えている。その時に、きちんとしまいこむのではなく…

我が家にものが多いわけ

どちらのお宅にも、ものが多い理由があると思う。我が家は最初からものが多かった。結婚した時、互いに多忙な長年の一人暮らしだったから。家に人を招いて宴会をやるに十分な食器や調理道具が双方にあり、好みに従って買った本があり、コレクションがあり、…

1枚のシーツ

下に敷くシーツは1枚。洗っては乾かしながら使っている。素材は麻。朝洗えば昼前に乾く。なんなら家の中でも1日かからずに乾く。体の下になる部分が薄くなる。勝手に裂けるようになってしまう。 そうやって、あまり長くない間隔で買い替えている。

いらないと決めたら早く出す

これは今の暮らしにいらないと思ったら、できるだけ早く家から出す。人に渡すと決めたら、すぐに送ってしまうのがいい。わたしの場合、後回しにするとしばらく家に残してしまう。 決めたらすぐやる。これが昔からできていたら、もっとスッキリ暮らせていたの…

やめたい生協に手紙を書いた

生協をひとつやめたいなどと書いたのだけれど、 生協ひとつやめたい - 手放す日記 定期購入やポイントの整理をしている時に、グループとして成り立たなくなってしまうけれどどうしますかと、生協の方から連絡があった。 もう1人残る予定の人と相談して、結局…

ゆとりができてホッとした

写真はケツメイシ。記事とは関係ないけれど。 本棚とタンスがだいぶ風通し良くなってきた。押し込まなくても入り、ホッとした。 今手をつけ始めたのは着物の引き出し。ぎっしりどっさり入っている。これが片付くのはいつだろうか。とりあえず、解けば使うと…

年をとる前に

そろそろ親の老年整理と自分の暮らしの縮小の時期。親の世代は、素敵なものは可能なら手に入れる世代だから、今になっていろいろな物が送られてくる。持て余しているのだろう。 頒布会で買ったらしい上質の食器セット、通販で買ってみた服(色違いでどっさり…

手をつけやすいところは終了

わたしにとって手をつけやすいのは自分の本、服とその周辺グッズ。その3つは手放すものを探すようになってきた。ここを乗り越えるとミニマルになっていくのだろうが、そろそろ次のジャンルに手をつけなくては。憂鬱だなあ。すぐに手をつけないところはそれな…

心の重石

どんな暮らしがしたいかといえば、負っているものも持っているものも少ない暮らし。わたし自身がわたしの人生の真ん中にいて、サラサラ、スルスルと音がするような、軽やかな暮らし。 心の重石は負っているもの。はやくこの荷をおろしたい。

小さいものの積み重ね

少しずつ抜いて、できたスキマにはみ出したものをしまい、少しずつ片付いてきた。ギチギチの本棚に余裕が出てきた。 この壁一面の本棚も、組み立てた時はスカスカで、長く使えると思ったのだ。一冊一冊は大したことがないのだけれど、この10数年の間に溜め込…

生協ひとつやめたい

生協に二つ入っている。ひとつが配達してくれなくなるというのでもうひとつ入ったのだが、配達は続き、新しい方もやめどきを逸した。後から入った生協の方が安いのだ。 この、後から入った生協をやめたい。やめればいいと思うでしょう?今は生協もポイントや…

長い時間をかけて溜め込んだのだから

時間がかかってもいい。長い時間をかけて溜め込んだのだから。今まで処分できなかったものがするすると処分できるとすれば、それは半分ヤケなんだと思う。抜き出すのでは時間がかかるけれど、こんなやり方でいいと思う。 じわじわ増えてきたように、少しだけ…

贅沢ですよね

手放したものが100になった。複数抜き出したこともなんどもあるので、100個ではなく、手放すことを100回考えたことになる。多分、これからも続くだろう。 捨てたりあげたり寄付したり、自分のものを減らしている。必要になったら買えばいいと思っていたり、…

スッキリ暮らしているつもりだったけれど

あまり買わないし、ゴミも少なめ。靴も服も全部把握してわりとスッキリ暮らしているつもりだったのだけれど、手放しても手放してもつまらないものがまだまだある。 きちんとしまい込んでいるものの多さ。判断せずに先送りしてきたのだとよくわかる。 あまり…

記録を捨てるかどうか

A6サイズのノートに何もかも書くということをしていた時期がある。スケジュール、メモ、原稿の下書き、会話のメモ、心に浮かんだこと、映画や本の感想など何でも。 20冊以上のそれらを、どうするか迷っている。家族は一切のメモを捨ててしまう派。一つの仕事…

ポーチの中身

バッグの中の細かいものが全部入っている。これだけあると出張できる。 伊勢丹チェックのポーチ アイブロウ BBクリーム 日焼け止め 歯ブラシ USBケーブル(充電用) 眉ハサミ USB変換プラグ イヤフォン ACプラグ 充電池 ゴム 印鑑 折りたたみブラシ リップス…

ふりかえる

あちこち結構スカスカしてきたけれど、手つかずの場所もある。しかもわたしだけの場所。本が少しずつ減らせているんだから、着物と食器も減らせるはず。家族で使っている調理器具も。 着物は全部貰い物、食器も半数は貰い物、調理器具は家族が減らしたがらな…

使い切る暮らし?

とにかく使い切ることがエコで節約になるって思っていたけど、香りが嫌いとか、書き味が嫌いとか、ザラザラしていやとか、感覚を逆なでするものは、取っておいてもちっとも減らない。 結局は、ノーミソより感覚が勝つ。手放し時を逃さないようにしよう。

少しだけゆとりが出てきました

一つ一つが小さいとはいえ、さすがに少しずつ引き出しに隙間ができたり、本棚が片付いたりしている。まだまだスッキリには遠いけど。 そして、手放しても一つも困らない。むしろ、なんのために持っていたのかな。これを、ずっとやり続けてこなければいけなか…

手放すことは失うこと

使わないものといえども、動産。手放すことは失うことでもある。ただ、ものの魂を考えた時、押入れやクローゼットにしまいこんだものは、その価値を無視されている状態だ。 もったいないのはどちらだろう。葛藤しつつ、妥協できるとこから手放している現状だ…

60日になりました

ちまちま捨てたものを記録して、今日で60日になりました。棚も空っぽにならない、家具も減らない、でも少しずつ進んではいるんだろうな。 ただいま、古本を送って査定してもらうサービスに取り組み中。料理の本は絶対手放せないと思っていたけれど、一部につ…

悩みの種は

あまり大きな声では言えないのだけれど、困りごとは…… どうせ服が少ないだろうとどっさり服を送ってくる実家。ことごとくシルエットもサイズも色も趣味に合わない。新品多数。今日も15着プラスブーツ到着。 着ないだろうし履かないだろうし、でも顔を思い浮…

モノ依存

一種のモノ依存。好きなモノだらけの生活。どうでもいいのも良くないかもしれないけれど、あれもこれもと抱え込む。「厳選したはずの全部」から解放されたい。情報量過多の生活はもういい。そんなに本人に余裕が無いから。