読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

雑記

悩みの種は

あまり大きな声では言えないのだけれど、困りごとは…… どうせ服が少ないだろうとどっさり服を送ってくる実家。ことごとくシルエットもサイズも色も趣味に合わない。新品多数。今日も15着プラスブーツ到着。 着ないだろうし履かないだろうし、でも顔を思い浮…

モノ依存

一種のモノ依存。好きなモノだらけの生活。どうでもいいのも良くないかもしれないけれど、あれもこれもと抱え込む。「厳選したはずの全部」から解放されたい。情報量過多の生活はもういい。そんなに本人に余裕が無いから。

小さなカウンターバーのように

10人も入れないような小さいバーやピストロがある。コックピットのように小さなスペースに必要最小限をキリッと詰め込み、ものすごく効率的に仕事をする。そして、それ以外のところは少しでも広く。 自分の暮らしもそんな風がいいなあと、小さなバーを見なが…

手放すのは勇気がいる

手放すというのはなかなか勇気がいる。こんなにちまちま片付けていたって仕方ないと思いながら、小さく小さく手放していく。この趣味はもう続けない、このスタイルはもうやめる。 自分の生き方を変えるというのと同じことなんだな。どこかの地点を超えたら、…

スッキリですか?

毎日何か手放して、家から出す。ちっとも見た目はスッキリしてこないけれど、明らかにものは減っている。せめて心スッキリ。どうかな?頭の中が整理されたらスッキリかな?引っかかることを全部書き出したらスッキリかな?どうしたい? なりたい自分、やりた…

なぜ手放すのか

手放す理由。それは、メンテナンスから解放されるため。ものを所有すれば、それらは記憶のいくばくかを占領する。 できればとことん、たっぷり、隅から隅まで使いこなしたい。でもうまくいかない。 活用できないなら、持っていても仕方ない。 今年は使おうと…

減らす技術

今週のお題「プレゼントしたい本」 モチベーションを上げるためにシンプルライフ本を読むというのはよくあるけれど。その一冊。人はそんなにたくさんのことを成し遂げなくていい。人生を楽しもう。スピードダウンするには、ものも、やるべきことも小さくする…

体は財産

モノは大抵消耗品。財産は体と頭と心。 磨き上げていかなければいけないのは、床やモノではなく、体や心だ。遅ればせながら、少し体を動かし始めた。ブランクが何十年もあるので、ゆっくりと、少しずつ。 残りの人生の旅が、健やかであるように願って。

捨てることが正しいわけじゃない

手放す日記。このブログでは、毎日何かしら手放していく。結果、捨てることも多い。今までにもずいぶん服を処分してきた。リサイクルセンターに持ち込んだものもあるし(無料引き取り)、誰かに譲ったものもあるし、捨てたものもある。 まずは買ったことが間…

有料のメアド一つ解約したい

有料のアドレスほど公的に使えるだろうと、銀行の連絡先にしている。管理しているアドレスが多いので、思い切って一番信用がありそうなのをやめようかと思っている。 面倒だけれど、いろいろ変更したり、メルマガを止めたりやることが多い。 半年くらい様子…

すだれを分解中

本当は、地面に埋めたらいいのだろうけど、マンション暮らしは地面がない。せめて粗大ゴミではなく燃えるゴミで燃焼の助けになればと分解中。枝を針金で結んであるので、毎日少しずつ外していこうと思っている。 面倒なことも、少しずつ進めれば必ず終わる。…

旅するように

旅の荷物は、最小限。歩きやすい靴を履き、身軽に歩いて、街の情報、見たいものを吸収していく。会いたい人に会いに行く。毎日の生活も、それでいい。動きたい時に、ひょいと動けるように、清々しく最小限を目指したい。 無自覚に増やしてしまった持ち物を、…

本当の財産

物には執着しないという意味で、今まで忘れられないのは、雑誌の片付け特集にのっていたピーター・フランクルさんの取材記事。部屋はガラーンとしていた。彼は数学者でジャグラー。世界のどこにいても仕事ができるからだそうだ。彼には亡命経験があり、身一…

買い替えになってきた

お気に入りでも使っているうちに不具合が出てくる。よく考えて、必要なものは買い替えに。本当に必要なのかはよくよく考える。例えば、昨日、持ち歩きの水筒を買った。 仕事場に給湯設備がないので、飲み物は買うか持ち込むかになる。ここ数年、マグボトルな…

思い出は物じゃなくても残せる

自分に言い聞かせるように。 物を見て思い出すこともたくさんあるけれど、必ずしも物がなくても思い出は残せる。 例えば1枚の写真。 この布を見たコーヒーショップの空気や光、カウンターの中の人の動きは、この写真1枚で思い出せる。 そこで会った人から聞…

ブログを書き始めてから

このブログを書き始めてから、人生の方向性に関わりそうな事件が2つ立て続けに起きた。今年はいろんなことが起きるらしい。わたしの人生の次の目標は何かしら。一応考えていることもあるのだけれど。 サブタイトルに書いた、「モノもコトもヒトも手放してい…

前の引越し

箱の数は覚えていない。前の家から引っ越す時、40平米程度のアパートで、すっきり暮らしているつもりだったのだが、見積もりに来た引越し屋が「多いですね」と言った。 床はすっきり見えていたし、家具はたいして無かった。でも、押入れの中は確かにぎっしり…

自由!

自由という言葉をすっかり忘れていたような気がした。本屋で目の前の本を手に取ったら、「自由」という言葉が踊っていた。ヒリヒリするような自由を、もう一度手にしたい。いつだって自由だったのに、自分で身の回りに線を引いたような気がする。 もっと自由…

パソコンが死亡

残念だけれど、さあ、仕事しようと思ったらパソコンが突然死。立ち上がらない。緊急の仕事もあるのだけれど、とりあえず何もできない模様。 バックアップは最近取ってあるのだけれど、それを覗くマシンがない。強制的にクリーンアップできてしまうものがあり…

2016年真夏服

今年の夏、着ているものが妙に少ない。 ピンク半袖ブラウス きみどり長袖ブラウス 幟ブラウス 黒シフォン七分袖シャツ 紺七分袖ブラウス ブルージーンズ ブラックスリム エスニックスカート クロップドパンツ トップス5枚、ボトムス4枚の夏。 ほかに、アンダ…

床に物を置かないで

潔癖じゃないんだけど、床に物が置いてあるのがキライ。家人は小屋にいろいろ持ち込む犬のように、自分のスペースになんでも置いてあるのが好き。なかなか難しいと思いつつ。床に置かないでくれたらいいのになあ。 減らして、ちょっと置きもしやすいほどスカ…

超緊縮財政令発動

自営業家庭なのに急な病人が出て、入院、手術。退院後のこともあるので、超緊縮財政令発動。とにかくあるものを使い尽くすのがさしあたっての使命だと思う。 これを機会にいろいろなことが見直せるといいな。特に病人本人の浪費習慣。 どうなることやら。

食品使い切り月間

今月は、とにかく生鮮含めてほとんど食料品を買ってない。足りないものは最小限買うけれど、パンがなくて小麦粉があるならパンケーキにするとか、調味料が切れても代用を考えるとか。 いただきものは拒まないし、家人が買ってくるものもあるので一向に困らな…

迷うものばかりが残っている

いらないものは手放そうと思って、もう2年くらいになる。ファッション関連はだいぶ前に最小限になった。食器もどうでもいいものはもう手放した。細かいもので貰い手のあるものはずいぶんもらってもらった。リサイクルセンターにも何度も足を運んだ。あとは、…

やっと本が一か所にまとまった

天井まであるような本棚なのだけれど、入りきらずに分散していた。少しずつ少しずつ手放しては間を詰め、分類し直し、移動して、とうとう寝室の本が本棚に収まった。 今は、これ以上減らすことはできないけれど、毎日のように見直して、できることなら家族の…

荷物が多いのが悩ましい

煩悩が多すぎて、荷物が多いのが目下の悩み。バッグが重い。 毎日、みんなどんなものを持ち歩いているのか知らないけれど、 小さいバッグで移動している人がいっぱいいる。 お坊さんたちを見ていると、本当に小さな荷物で移動している。 荷物の多さは心配の…

銀行口座を整理したい

本当は、口座は整理して、仕事用と個人用、二つの口座にしたい。振込指定口座があるので、いくつかは仕方ない。ゆうちょ、大手銀行、ネット専業やその他が4つ。都合、自分名義の銀行口座が6つもある。まず、最近一番使ってきたネット専業銀行を辞めようかと…

365日のシンプルライフ

今週のお題は「映画の夏」。わたしのこの夏のテーマは、「手放しにくいものも手放していく」こと。「365日のシンプルライフ」は0から物との付き合い方を見つめるフィンランドの映画だ。所有物に振り回されるのではなく、人生の主役になるための映画。 この…

女神を信じてみようか

ずいぶん前に、女神カードというのを引いたことがある。とあるスピリチュアル系の集まりに知人が出店していて、女神カード1回2000円。スピリチュアルに興味はなかったのだが、半分アイソでカードを引いた。 知りたいことを念じながら、自分でカードを切り、…

はじめの一歩

複雑すぎる。あれもこれも多すぎる。 とっくにわかっているはず。だから手放す日記。