手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

雑記

持ってなくても大丈夫

捨てても後悔しないよとみんな言うけれど、本当にちっとも後悔しない。必要なものは買い換えているし、足りないものがない。もっともっと減らして大丈夫。少なくても大丈夫だとわかったので、買う量自体も減っている。 とはいえ、家族がいるとドラスティック…

シンプルでなくてもそれはそれ

断捨離した、という友人の家を訪ねたら、やっぱりテーブルの上もキッチンからはみ出したおしゃれな調理器具の棚もぎっしりだった。そう、わたしたちはこうやって薄皮を剥ぐようにして減らしながら、暮らしの楽しみと人生の最小限の狭間を漂う。 ものに溢れる…

手放せる時期が来ることもある

引っ越して、食器のスペースが減ったので、置けるだけを出していくつかはしまったままになった。こうしてみると、毎日使ってきたものも出番がない。それでも困ったことは無い。 案外「必要」と思っているものも、こんなものなのかもしれない。 毎日使ってい…

ストックする気持ちと向き合う

トイレットペーパーと石けんは、間違って買って(もうやめた生協で単体で申し込んだつもりが箱だった)、ただいまストック減らし中。 大きな地震以来、ある程度のストックは持とうと決め、気持ち多めを目指してきた。水をはじめとして、籠城4日くらいを目処…

買わなかったシーツのこと

前々から欲しいタイプのシーツが無印良品にあり、折しも会員10パーセントオフの日々。この時まで買うのはやめていたはずなのだけれど。 結局、今使っているものがダメになるまで買わないことにした。 もっと捨てない生活でいたいから、欲しいものがあっても…

本棚がやっと完成

以前と完全に組み替えになったので、本を入れては組み替えていった。パズルのように入れたり出したりして、やっと落ち着いた。本はもう少し減らせそうだし。 引っ越しから1ヶ月経ってやっと落ち着いたというわけだ。強烈に多忙なスケジュールと重なって、な…

その後の「手放す」

引っ越した後、パタッと更新もしていないけれど、家のサイズが半分になったので、その後も処分が続いている。 特に本棚が半分になったこと、食器の容量が4分の1になったことのダメージが多く、いろいろ悩みながら手放しているのだけれど、なかなか進まない。…

引っ越しました

大騒ぎの果て、引っ越した。減った家族の家具やら、使い勝手の悪くなった家具やら手放し、粗大ゴミを20くらい出した。生活空間は以前の半分になった。甘く見ていて、結局入らなそうなものもある。 大家さんの都合で、引っ越してから一週間以上経つのに本棚が…

展覧会図録を手放す

古本は、昔は古本屋に持ち込むか、大量にある時は古本屋に来てもらっていた。ブックオフが出て来てからは、箱で送ることもできるようになったけれど、古い本や展覧会図録や一部の自費出版は手放し難くなった。 アパートのゴミ捨て場に行くと、本がどっさり資…

粗大ゴミのリスト作成

引っ越そうと思ったので、家を出た家族の家具や、古くなった家具などリストアップして粗大ゴミ収集の申し込みをしている。なかなか大変。 今の住まいのある地域では、粗大ゴミの持ち込みは日曜日に限られているのだけれど、我が家の運転手は日曜日は大抵仕事…

処分中

家を出た家族がそこそこどっさり残して行ったものを処分中。けっこう時間がかかる。ついでに使わないシーツなど処分して、布物が2袋、その他が3袋。本や書類がまだまだあるのでなんとかしなくては。 人のを処分していると、自分のものも片付けられそうな気が…

このところ処分したもの

一人ベンチ2つ、椅子1つ、敷布団1枚、電気スタンド1つ、大皿3つ、服、シーツなど(家族のもの)45リットルゴミ袋4つ、大籠1つ。 引っ越すつもりで片付けようなどと言っていたら、本当に引っ越す気運に。これは大変。どんどん処分しないと引っ越せない。 この…

直してみた

多分6年目くらいになるUNIQLOのジーンズ。たまたまよく似た色の木綿糸があったので、すり減って経糸だけになったところを繕ってみた。闇雲に局所的に糸を縫い込んだだけなので、またそう遠くないうちにダメになるだろうけど、これを生かして薄くなってきてい…

減れば減るほどいらない

服や小物が本当に減った。今の時期に着ているものは、下着を除き、コートも合わせて10着程度。靴は3足。バッグは3点。なのに十分で、セールの時期だというのに買いたいものがない。今着ていない冬物は、着たくない理由があるので、早晩手放すことになるだろ…

ただ、静かに始めればいい

今日は新月だ。旧暦正月。新しい一年の始まり。当然月明かりはない。そして、新しいことを始めるにはぴったりなのではないだろうか。 ものを手放そうと決めた時(それはブログ以前なのだけれど)、わたしはだれにも何も宣言しなかった。ただ、古い服を数点選…

気が乗らない日もある

1日に1つは、と思いながら手放している。ものはたくさんあるのに、いらないものなんかないと思う日もある。もちろん、何もかもいらないと思う日もあるのだが。 そんな日は、デスクの上のレシートをまとめてちぎって捨てたりする。 シールを手放した時は、少…

長く手元にあったものほど手放しにくい

必要かどうかなんて考えず、ただ手元に置いていたものがまだたくさんある。長いこと、わたしに馴染み、暮らしに溶け込んだ。使っていないにもかかわらず。古い重箱は、傷んだまましまいこまれてずいぶんになる。実家から、「傷んでいるけれど十分使えるから…

欲しい人がいたらもらってほしいなんて

自分が使っていないものを欲しい人がいたらもらってほしいなんて、自分勝手な思い込みなのだろう。だって、わたしの「いらないもの」だもの。ほかの人のブログを見ていると、メルカリなどで売っている人も多いけれど、わたしにはあまり時間のゆとりがない。…

今年前半こころがけたいこと

年も明けて一週間たち、今年の目標を書いておこうと思う。 睡眠時間を確保する 圧倒的に睡眠時間が足りない。それが何年も続いているので、睡眠障害みたいになっていて、1~2時間ずつの細切れにしか眠れない。それでいてトータル長くて5時間。これをなんとか…

2017年、もっと豊かな日々のために

新年おめでとうございます 今年も昨年と同じく淡々とモノを手放して、いつかびっくりするくらい少ない、でも十分な物との暮らしをしたいです。 同時に、おつきあいや暮らし方、仕事にも変化が訪れますように。 モノを手放しながら、不思議なことに、浮かんで…

今年の「手放す」を振り返る

数年前から、少しずつモノを手放してきた。余分な椅子やストーブ、キャンプ用品やさまざまなものは粗大ゴミに。ブックオフにもずいぶん本を持って行った。服も半分以下になっていた。差し上げるものはずいぶん分けたし、フリマも何度か参加した。マルシェに…

買い物が面倒、ゴミが多いのはきらい

本当にずぼらだと思うけれど、買い物が嫌い。買わないで店を見て歩くのは好きなのだけれど。買って持ち帰るのがいやなのかな。買い物の包装が嫌いなのかな。いずれにせよ、生鮮食品を含めて、できるだけ買い物をしたくない。 一方で、ゴミが多いのがきらい。…

200まで行ったけれど

200項目。もっとたくさん手放しているので、我が家の持ち物はもっと減っていてもいい。でも、表立ってはほとんど変わらない。年内にもっと見た目が変わるかと思ったけれど、残念ながらそうならなかった。 もっと思い切らなくては減らないんだと思うとともに…

「毎日」ということのすごさ

ひとつでもふたつでも、それがつまらないものでもいいから手放して行くと決めて、今日で126日目。 その前に、レシートでもいいから1日10個捨てるというのを2年くらい続けていたのだけれど、その時よりぐっとものが減ってきた。 減ってきたと言っても、まだ心…

生協をやめる手続き終了

生協に辞めたいと連絡したのが11月初旬。折り返し書類が来て、すぐ記入して送り返し、今日、出資金の戻りがあった。ほぼ1ヶ月。関係書類やブックマーク、パスワードなどを破棄した。 ここ数週間で、一つに絞って本当に楽になった。注文も取りに行くのも半分…

家族はシンプルに興味ない

これは我が家の場合だけれど、家族はものを減らすことに興味がない。だから、「自分のもの」だけを手放している。一人一人がやってくれたらいいなあとは思うけれど、こういうことにはその人なりのペースがある。 だから、食器や調理器具は以前のまま。ほんの…

スモールハウス

あまり大きな家に住みたいと思ったことがない。理由は、掃除が苦手だから。整理整頓も、インテリアを飾ることも苦手。飾ったら、手入れも必要だからね。 だから、小さなスペースで、余り物を持たず、掃除が楽なようにあまり飾らず暮らしたい。 それでも若い…

手放していくということ

手放すというのは不思議な作業だなと実感している。これもいらないなあ、と抜き出すところから始まった作業が一段落つくと、明らかな不用品はなくなり、手放せるものはないかと探し始める。それがもう少し立つと、今度は贅肉を取って絞り込むような作業にな…

冷蔵庫買い替えました

冷蔵庫はどうしても必要。いろいろ考えたけれど、これまで使っていたものの後継機を買った。 大人ばっかり3人家族で350リットル。普通のおうちと比べて大きいのか小さいのかわからないけれど、我が家には適量。左右どちらからでも開ける機構が気に入っている…

冷蔵庫が壊れた

きのうは音もなく靴が壊れたのだけれど、今日は同じく音もなく冷蔵庫が壊れた。食べることに熱心な家族で、冷蔵庫にも冷凍庫にも、市販の、自作の食品がどっさり入っている。冷凍の魚や肉も全部解凍してしまった。貴重な素材もあるのだが、ここは全部使い切…

靴が壊れた

歩いていて、いきなり靴が壊れた。リベットが外れたらしい。幸いとりあえず普通に歩けるので困りはしなかったのだけれど。一番履いている靴で、傷むと買い換えてきたお気に入りだ。 このところ、合わないかも?と5年ぶりくらいに感じていた。この5年、本当に…

パントリーを片付ける

これから12月の半ばにかけてはパントリーを整理しようと思っている。 このところ、銀行の通帳を減らし、小銭の転がっていそうなところを片付け、生協を絞りとやっているうちに、家計が今こんな具合なんだということがよくわかった。一ヶ所にまとめるとこうい…

捨て力は上がる

毎日毎日、ゴミとも持ち物とも言えないものを手放している。続けているうちにひとつ身についたことがある。 お土産をいただいたら、手さげ袋はその場で処分する。例えば、ボール紙の分別用にすぐ使う。立派だからと取っておかない。いらなければ紙ゴミとして…

冷蔵庫は空にしたい

食べ物のストックがあまり多いのは悩ましい。冷蔵庫はできるだけ空っぽにして、鍋ごと冷やしたり、スイカを入れたりしたい。だから、買い物せずにストックで料理することが多い。 今週は、卵以外は何も買わずにすんだなあ。そんなにストックがあったというこ…

レターセットやポストカード

子供の時から、レターセットやポストカードを持っていた。集めていたというほどではないけれど、素敵なものがあったら買った。季節のもの、好きな写真家のもの、版画やシルクスクリーンの手の込んだもの、文字の美しいもの。いろいろ欲しいものがあった。そ…

断捨離とゴミ出し

最近は、物を捨てることを「断捨離する」とか「断捨る」などと言うけれど、わたしは単純に捨てる、手放すことを断捨離とは言いにくい。まだまだ、本来の不用品を処分しているだけで、ぜんぜん踏み込んでいない。 必要だと思っているけれど手放してみる、そん…

100日目

今日で100日目。毎日何かしら手放して、何も後悔がない。もっともっと減らして大丈夫。わかっているけれど、一気に捨てる、手放すというのは今のわたしには無理。長年積み重ねたものを、少しずつ少しずつ整えている。その時に、きちんとしまいこむのではなく…

我が家にものが多いわけ

どちらのお宅にも、ものが多い理由があると思う。我が家は最初からものが多かった。結婚した時、互いに多忙な長年の一人暮らしだったから。家に人を招いて宴会をやるに十分な食器や調理道具が双方にあり、好みに従って買った本があり、コレクションがあり、…

1枚のシーツ

下に敷くシーツは1枚。洗っては乾かしながら使っている。素材は麻。朝洗えば昼前に乾く。なんなら家の中でも1日かからずに乾く。体の下になる部分が薄くなる。勝手に裂けるようになってしまう。 そうやって、あまり長くない間隔で買い替えている。

いらないと決めたら早く出す

これは今の暮らしにいらないと思ったら、できるだけ早く家から出す。人に渡すと決めたら、すぐに送ってしまうのがいい。わたしの場合、後回しにするとしばらく家に残してしまう。 決めたらすぐやる。これが昔からできていたら、もっとスッキリ暮らせていたの…

やめたい生協に手紙を書いた

生協をひとつやめたいなどと書いたのだけれど、 生協ひとつやめたい - 手放す日記 定期購入やポイントの整理をしている時に、グループとして成り立たなくなってしまうけれどどうしますかと、生協の方から連絡があった。 もう1人残る予定の人と相談して、結局…

ゆとりができてホッとした

写真はケツメイシ。記事とは関係ないけれど。 本棚とタンスがだいぶ風通し良くなってきた。押し込まなくても入り、ホッとした。 今手をつけ始めたのは着物の引き出し。ぎっしりどっさり入っている。これが片付くのはいつだろうか。とりあえず、解けば使うと…

年をとる前に

そろそろ親の老年整理と自分の暮らしの縮小の時期。親の世代は、素敵なものは可能なら手に入れる世代だから、今になっていろいろな物が送られてくる。持て余しているのだろう。 頒布会で買ったらしい上質の食器セット、通販で買ってみた服(色違いでどっさり…

手をつけやすいところは終了

わたしにとって手をつけやすいのは自分の本、服とその周辺グッズ。その3つは手放すものを探すようになってきた。ここを乗り越えるとミニマルになっていくのだろうが、そろそろ次のジャンルに手をつけなくては。憂鬱だなあ。すぐに手をつけないところはそれな…

心の重石

どんな暮らしがしたいかといえば、負っているものも持っているものも少ない暮らし。わたし自身がわたしの人生の真ん中にいて、サラサラ、スルスルと音がするような、軽やかな暮らし。 心の重石は負っているもの。はやくこの荷をおろしたい。

小さいものの積み重ね

少しずつ抜いて、できたスキマにはみ出したものをしまい、少しずつ片付いてきた。ギチギチの本棚に余裕が出てきた。 この壁一面の本棚も、組み立てた時はスカスカで、長く使えると思ったのだ。一冊一冊は大したことがないのだけれど、この10数年の間に溜め込…

生協ひとつやめたい

生協に二つ入っている。ひとつが配達してくれなくなるというのでもうひとつ入ったのだが、配達は続き、新しい方もやめどきを逸した。後から入った生協の方が安いのだ。 この、後から入った生協をやめたい。やめればいいと思うでしょう?今は生協もポイントや…

長い時間をかけて溜め込んだのだから

時間がかかってもいい。長い時間をかけて溜め込んだのだから。今まで処分できなかったものがするすると処分できるとすれば、それは半分ヤケなんだと思う。抜き出すのでは時間がかかるけれど、こんなやり方でいいと思う。 じわじわ増えてきたように、少しだけ…

贅沢ですよね

手放したものが100になった。複数抜き出したこともなんどもあるので、100個ではなく、手放すことを100回考えたことになる。多分、これからも続くだろう。 捨てたりあげたり寄付したり、自分のものを減らしている。必要になったら買えばいいと思っていたり、…

スッキリ暮らしているつもりだったけれど

あまり買わないし、ゴミも少なめ。靴も服も全部把握してわりとスッキリ暮らしているつもりだったのだけれど、手放しても手放してもつまらないものがまだまだある。 きちんとしまい込んでいるものの多さ。判断せずに先送りしてきたのだとよくわかる。 あまり…