読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

211 雨下駄

雨の日に着物を着て出かけるということを考えられない。この下駄は人から譲られたもので、その人もあまり履いてないのだと言った。多少歯が減っているけれど、まだまだ新しい。新しいままで我が家に送られてからもう10年近く、一度も履かない。 下駄箱で見る…

210 ギフトボックス

とうとう今年も使わなかったギフトボックス。以前ディスプレイに使ったり、写真の小物に使ったりした。5つ組にして、あと2つになってから全然使わず数年経った。こういうものを、季節用品として色々しまってあったが、ここからも、未来のことを考えて減らし…

209 アクセサリー

本物もジャンクも記念品もアーティストグッズもあり。そろそろ卒業。 長く生きるぶんだけさまざまな執着がある。ものと向き合うことは、生きてきた自分と向き合うことでもある。過去の自分に愛着があると、手放しにくいものがあるのは仕方ない。そして、今の…

208 本棚の整理

まだ本はたくさんあるけれど、今日も抜く。1980年代の本などは、手放すのに勇気がいる。倒産した出版社の食の本。ここに手をつけ始めたのだから、多分もっと減るだろう。迷いながら、何度も手をつけてはやめながら、やっぱり手放していくんだろうな。

207 アルミの使い捨てトレイ

一枚だけ使って、その後10年近くたっている。こういうのは毎年の大掃除の時に処分しているはずなのに、キチンとしまわれてずいぶん長いこと経ってしまった。使わないなら処分する。物事はそんなにすっかり行かないけれど、このアイテムに限っては、生き残っ…

206 うさぎのティーポット

30年も連れ歩いている。わたしは「本物そっくり」や「まんまミニチュア」にとても弱い。このポットは本物サイズで、急須についているような曲木の取っ手がついている。 手に入れて30年、実は一度も使っていない。試みに水を入れてみたとき、傾けると口からド…

205 ソルト&ペッパーシェイカー

桃のかたち。洋銀製。友人のバースデイプレゼントにした。中国では桃は長寿のシンボルだから、汕頭の刺繍のハンカチでラッピングして、とてもステキになった。 こういうものは、誰かが活かしてくれたらいい。そして、活かせなくなったらまた誰かの元にいけば…

204 ハートの蓋物

おみやげにいただいたもの。結構気に入っているのだけれど、何を入れていいかわからないまま数年経った。 くださった方との思い出の品物はもっと色々あるから、どこのだっけなというようなものを手放せずにいる必要はないなと迷いが取れた。 ありがとうござ…

203 auのWi-Fiルータ

以前auで無料レンタルになっていたWi-Fiスポット。2012年だからほんの4年前だけれど、今とは全然環境が違い、どこにでも電波が飛んでいるというわけにはいかなかった。有線接続が圧倒的に多かった時代。 もちろん、海外に比べれば全然足りないけれど、かなり…

202 ボール型蛍光灯

もう30年も前のものらしい。当時は珍しかったボール型蛍光灯で、とても重たい。重いし大きいしで使う場所がないまま長いこと経った。当時高かったらしく、捨てないと言われ続けていたのだけれど、ボール型電球が切れても出番がないので、もういいだろう。 時…

201 シェルの大皿

長らくしまいっぱなしのシェルの大皿。多分フィリピンのもの。フルーツなどをディスプレイすれば素敵なのだけれど、ものを飾るのが苦手で活用できない。こういうのを活用しそうな人も思い浮かぶのだけれど、ここは思い切って手放そう。 多分、あちこち開ける…

200 スポンジワイプ

散々使って汚れも落ちなくなっているので処分。浴室で使っていた。余分な水気を取るには使いやすかったのだが、汚れが落ちなくなるとともに、カビ疑惑が。浴室内は物が少なければ少ないほどいいと思っている。これからは、雑巾を使っていくつもり。

199 酒ブタマグネット

イベントでもらった。酒瓶の蓋の裏にマグネットを仕込んである。好きなのだけれど、普段強いマグネットを使っているのでちょっと物足りない。 今後も仲間はずれのマグネットは、掲載はしないつもりだけれど処分していくことにした。

198 デザートカップ

元々は、モロゾフのプリンの器。こういうの、捨てられませんよね。ついつい10個くらい溜まったりする。たくさんあると、それはそれで使い勝手も出てくる。真夏のデザートストックとか。 一度まとめて処分したので、この2個は手放す。とはいえ、2ヶ月くらい散…

197 色上質 特厚

紙類は、いつか使えるかもととっておくことが多い。手放すにしても、やっぱり一度に手放せない。勿体無いと思う。そして、素材だから、いろんなことに使えると考える。ところがなかなか使わない。 今回の紙も、もう4年前のものだ。いつか使う日があるかもし…

196 藍染と刺し子の割烹着

お貸ししたまま差し上げてしまったので写真がない。 藍染の割烹着はここ10年ばかりたまに使っていたもの。刺し子で刺繍のようになっていて、ポケットの口はアンティークの木綿。藍染工房の作品だったが、年に数回使うか使わないか。機会の多そうな方にもらっ…

195 マニュアル本

あまり使わないソフトの本。必要があって買っても、その場限りで全然覚えない。クリエイターではないので、これでいい。今はインターネットで手に入る情報で十分。そして、今後必要な時はプロに頼みたい。馬力で乗り切るのはもうやりたくない。

194 WECKの150cc

3つあったのを、何か入れては人に渡して、最後の一つ。あす会う人に、自家製塩麹を入れて渡す予定。 渡す相手が主婦だと時々、これに何か入れて返してくれることがある。それもまた良し。ぐるぐる回るのも面白いと思う。

193 ペイント(小)

マニキュアタイプのペイント。最後に使ったのが5年前。混ぜるのも骨だし、今のところ使う予定がないので処分。 いろんなものを自作して暮らしたいと思っているけれど、いざとなるとなかなかやらない。もう少し自分のために時間を使いたい。そのためにもいら…

192 竹ザル

干し野菜などに使っている。もう一つ大きいのがあるから、こちらは手放してしまおう。だいぶ傷んでもきているし、可燃ゴミにする。これは日本製で、中国製がおおい最近では珍しいのだが、やはり使っているうちに痩せたり剥がれたりしてくる。

191 bamboo(ペンタブ)

大いなる後悔とともに。一時よく遊んだのだが、使いこなすまで行かなかった。今のパソコンはタブレット兼用で、画面タッチができるので、これは手放すことにする。 ごめんね。これはホントに辛い気分。 欲しい人あるかな。一応当たってから手放すことにして…

190 瓶

いい加減に全部手放しでもしまえばいいのに。ローマイヤのレバーペーストのオールドタイプ。この形が好きだったのだが、最近、蓋だけでも新しくしないと瓶の再利用はあまり良くないということを知った。 なんとなく、憑き物が落ちつつあるような感じで、瓶を…

189 懐紙(残り)

なるほど、先日傷んだものを処分したが、使いかけのものは全部不要。使ってくれる人があるので手放した。 貰ってくれる人がいたら手放せる。でも、それは自分でリサイクルボックスに入れるのとどこが違うのかと思ったりする。なにか言い訳しているようで。

188 コーヒースプーン

コーヒーを計るスプーン。家族がずいぶん長いこと使って来たらしいのだが、ここ5年くらいしまいっぱなし。手放してしまおう、そうしよう。 実は、今のプラスチックのスプーンよりこちらの方が好きなのだが、管轄は家族なので、これからも使われそうにない。

187 ノートカバー

A5のノートカバー。カバーしなくていいやと思ったら、いらなくなった。使うだけの厚さのノートを使い、傷みも中に書いた時の記憶の一部だと思えばいい。

186 スタンプパッド

クリスマスカードを作ろうと出してみたら傷んでいた。同時期に買った3つをまとめて処分。 そういえばあまり使っていないスタンプもあるのだけれど、ちょっと迷うのであと回し。でも、年内にどうするか決めようと思う。 名前のスタンプ、サンキューメッセージ…

185 領収書

あるプロジェクト用の領収書。一応終了したのでこれはいらない。こういう経理関係の書類って、こんなの使っていないのに、なんとなく処分に心理障壁がある。仕事がらみだと古い通帳も捨てられない。 思い出や誰かの思いにとらわれるのも、いい加減にしたいの…

184 写真スタンド

飾らなくなっていたのに、写真を入れっぱなしで引き出しにしまってあった。一部の金具も壊れているので処分する。 外国のドラマなどでは家族の写真をたくさん飾ってあるシーンがあるけれど、わたしは家族写真を見るとなんだか気恥ずかしくてまっすぐに見られ…

183 懐紙

未使用のものは全部知人のオフィスに差し上げたので、残ったものの一部。何かと便利に使っていた時期があったのだが、どうやらわたしの中のブームが去ったらしい。なかなか減らない。 全部なくてもいいようなものだけれど、ちょっと決意がいるみたい。だから…

182 耳栓

あまりのいびきに負けて時々使った耳栓だけれど、眠っている間に外してしまって、結局目を覚ましたりしている。 いいアイデアだと思ったのだが、どうにも煩わしくてだめみたい。ざわざわした中で使うと集中していいのだけれど、あとあとひどく疲れる。

181 料理の本

料理と手仕事の本を7冊手放す。本は、最初の半分以下になった。少しずつね。出していかないと入らない。遺跡のような本棚にならないように。 そして、図書館で借りた本を、どんどん読もう。ネットにいる時間を減らそう。

180 ルーズリーフ

取っておかなくてはならないと思っていた書類が入ったルーズリーフを一冊捨てたら、こちらも捨てていいと思えた。 何かあったら謝ればいい。ということで、ごめんなさい。

179 地域マップ

23区の行政が出しているマップに関心があって集めたもの。どっさり処分。書類は以前の半分になった。もちろん、ブログになんてのせずに処分しているものもどっさり。 趣味や関心に時間を割きすぎて、きっとおろそかになってきたものがいっぱいある。気が散り…

178 日焼け止めクリーム

この夏使っていたもの。日差しも柔らかくなったので、強い日焼け止めは一旦手放そう。来年はまた、いろいろ悩みながら選ぼうと思う、 この日焼け止めも、使い心地悪くはなかったけれど、やはり少し荒れる感じがある。

177 ルーズリーフ

本当は捨ててはいけないものが入っているのだけれど、捨ててしまった。ヤケではないのだけれど、いいことにする。 人生は、後半。いろいろなものを残さないでおきたい。

176 歯みがき

アユルヴェーダの処方に則った歯みがき。ハーブ&スパイスオイルと炭酸カルシウム、グリセリンでできている。 でも、歯みがきは長いこと使わないできたので、使うことに違和感がある。もう20年くらいになるはず。丁寧に歯ブラシだけで磨けという歯医者の指導…

175 タイのお土産ハーブ

家族に了解をとって、トムヤンクン用のハーブを処分。 長いこと「使うからとっておいて」と言われていたのだが、もうよくなったらしい。

174 スパイス類

これ以外にも数本。面白がって買ってあまり使わなかったものもある。レシピを見て作ろうと買って、それきりだったものも。なんだか素敵な暮らしが待っているような気がしたけれど、そんなことはなかった。 浮ついた自分を見るようで、なかなか手放せなかった…

173 パソコンソフトやメディア

あちこち開けるたびにいろんなものが潜んでいる。ネットが進化して必要なくなったソフトもある。すごい変化だ。 どさっと捨ててしまおう。そして、どんどん前へ進む。

172 紅茶缶

なぜか、缶や瓶に執着する。この缶も20年選手。朝の飲み物を入れている。ティーバッグのこともあれば、龍井茶のこともある。ふっともういいと思えたのは、ブログを書き続けているせいだろう。 とても大切にしていたので、もういいと思う日が来るとは思わなか…

171 紺ブラウス

薄いコットンのブラウス。長く着てるのでだいぶ傷んできた。冬場はタートルネックのセーターの上から羽織ったりして、1年中活用していた。無印良品で買ったものなので、fukufukuprojectの回収に持っていこうと思う。でも、リサイクルを考えるより、もともと…

170 雪平鍋

18センチの雪平鍋。毎日一番使う鍋。500円もしなかったような鍋だけれど、薄くてすぐ湯が沸くし、出番のない日がなかった。柄が傷んでネジが効かなくなり、それだけを買い替えたこともあり、もう30年以上使っている。このたびまた柄が限界まできて、とうとう…

169 UNIQLOのブラトップ

2枚のうちの2枚目も、やっぱりくたびれ加減が気になるので、処分。枚数が少なくなると、使用頻度が上がるので、傷むのもまた早い。

168 イヤリングとネックレス

よくない思い出につながるものは手放そう。アンティークボタンのイヤリングとアフリカンビーズのネックレス。どちらもすごく愛用したけれど、卒業、卒業。これを見るといろいろ思い出すけれど、身につけたくはならないだろうな。いいことも悪いことも詰まっ…

167 時刻表のしおり

スケールをしおりにするマイブームがあった。その頃に、物々交換会で手に入れたもの。交換した相手にはゴミだったらしく、2本くれた。よく使ったけれど、これも無くていい。もっと大事にしたいしおりがあるので。

166 ジャム瓶

まだあるのだ。だんだん間引いてずいぶん減ったけれど、まだ手放せない瓶がある。小さなこだわりは執着なんだろうな。 今はもう使われていない瓶。それは、本当はわたしには価値がないはずなのだが。まだ迷いがある。 冷蔵庫がやってきて、台所が平常運転に…

165 職業別電話帳

もしかしたら使うときもあるかと思ったのだけれど、機会が一度もない。時代は変わったんだなと思う。ウェブページの無い店はいくらでもあるのに、意外にも使う機会がない。ということは、看板がわりのウェブページはあるに越したことはないということか、

164 アイススコップ

大好きだったけれど、実は使いにくかった。冷蔵庫が壊れて大急ぎであるものを買ったら、これより小さいけれどスコップが付いていた。 こっちの方が、プラスチックの実はいいなあと思うけれど、使いにくさでこれは処分。 ずいぶん時間がかかった。

163 リボン(一部)

一部。ほんの一部。一応すでに2度ほど大幅に人にあげていて、残りからさらに少しだけ間引く。なかなか覚悟がつかない。でも毎日やっていれば、いつかは減る。それでいいとしたい。なかなか未練がましいことだ。

162 青ざらし石けん

20年以上前に引っ越した時に、相手の家にあった石けん。ちっとも使わないのだが、人のものは家族のものであっても基本的に捨てないことにしていた。いくらなんでも、やっぱりいらないなあ。