手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

モノ

255 空き瓶最終便

ジャムなどを作る時に使っていた空き瓶。ちょっと変わった形の瓶があると捨てられず、今まで本当にたくさん手放した。手放す間にも「これいい」と溜め込む。 とりあえず、本日全部処分。分別して瓶と金属で回収に出すことにした。

254 ケーシング

わりとマメにハムやベーコンを作ってきたのだが、しばらく作る予定がない。手元に残っているケーシングは、使ってあまり気に入らなかったもの。 今後も多分使わないだろうから、これは処分。

253 久しぶりに本

ふっと卒業した気になって、5冊ほど本を抜いた。まだあるので減った気がしないけれど、最初から考えれば100冊以上減っている。 思いついたらちょっと抜く。これを繰り返してくれば、こんなに大きな本棚はいらなかったのに。

252 食用油の廃棄用パッド

何度か使った油を処分するためのパッド。よく吸うのであると便利だと思っていた。新しいパックを買った頃、食用油をリサイクルするステーションが割と身近に見つかった。だから、これはもう使わない。ただ、新品なので、長く手元に置いてしまった。2年近く使…

251 洗剤付き金属タワシ

わたしが子供の時から売られていたボンスター。ゴム手袋を使わない肌には強すぎる。ゴミ処分の面からもあまりいいとはいえないので、これを最後にもう買わない。 ゴミの行方まで考えるようになるとは、ものを手放そうと思った時には考えなかった。こうやって…

250 3口タップ

いつから置きっ放しだかわからないくらい放置の器具2つ。確かに急に欲しくなることはあるのだけれど、使いたいのはこれら黄ばんだタップではない。あまり電化製品を増やしたくもない。いろんなことがよぎって、2つを処分。 このところ手放す作業を記録してい…

249 古歯ブラシ

掃除用に便利な古い歯ブラシも、溜め込んでは捨てている。取っておく本数を2本にして、あとは処分すると決めた。 歯ブラシは並んでいて嫌じゃないものを買い置いているのだが、家族それぞれ使ってみたいものに出会うと買っているようだ。 変な形状のものがあ…

248 下着の入れ替え

下着の入れ替え。増やさない、減らさない。減らす方向なので、最低限にしている。仕事で忙しくなると早朝から深夜までなので、洗濯が後回しになったりする。 暮らしのスタイルを変えて、もっとスッキリしたいなあ。 ものを減らすと、暮らし方が変わる。少し…

247 草抜きハサミ

ガーデニング用品。土をほじりながら草を抜くのに便利な道具。わたしは植物の栽培が苦手。いつかベランダ農園がやれたらと思いながら、いつも枯らしてしまう。そんなわたしには、草を抜く機会がない。 これを買った時は、多分「緑をたくさん育てるグリーンな…

246 銀行解約

気になっていたあまり使わない銀行口座を解約した。これで、自分の仕事を始めた時から申告に使っている大手銀行の口座と、仕事先の希望で使っているゆうちょと、普段使い用の3口座になった。 一時、内容によって銀行を使い分けていて、たくさんの口座を持っ…

245 キートレイ

イギリスの工芸品。玄関に置いておいて、帰ってきたら鍵を放り込むようなタイプのもの。ポケットのコインを入れたり、ナッツを入れたりね。 友人の結婚式の引き出物だった。どうしているかな。帰国したと聞いて、もう長く会っていない。わたしも暮らし方が変…

244 ワイプクロス

先日使いかけを処分したマイクロファイバーのワイプクロス。新品なのでなんとなく手放し難かったのだが、同じ理由で結局不満のある使い心地なのだから、とにかく処分してしまうことにした。 新品を捨てるときは、本当に心が痛む。でも、メルカリやフリマ出品…

243 赤ボーダーシャツ

たくさんあるボーダーの一枚。コレも貰い物なのだが、サイズが合わない。メンズサイズなのを気付かずくれたらしい。 ボートネックのボーダーは、サイズが合わないと襟ぐりがガバガバする。何年かにわたり、何度か着こなそうと努力して着てきたのだけれど、何…

242 コリンズグラス

オマケのグラス。こういう長いグラスは洗うのが大変。花瓶がわりに使うかと思ったが、使わない。オマケに惹かれるタイプの家族が持ってきたのだけれど、本人も一度も使わない。ならば、不燃ごみの日に出してしまおう。

241 ソープトレイ

20代からいくつも代替わりで使ってきたお気に入りのソープトレイ。当時はワイヤーフレームのトレイは水切れから見ても有能で佇まいも珍しく、まさに出会ったと思って使ってきた。 もうその店でも扱いがなく、もう代わりがない。でもね、そんなにこだわるよう…

240 アンティークの筒

タイの田舎で使われた筒は、多分針入れらしい。竹を切って蓋のある筒を作り、細かい彫刻と、多分漆が擦り込まれていた。 これも欲しいという人がいるのであげることにした。たしかに素晴らしいものなのだけれど、わたしは実はこれが好きだったことがない。元…

239 リボン

販売に関わっていたこともあって、大量のリボンを持っている。今は一時の4分の1くらいなのだが、多分普通の家よりよっぽどたくさんある。子どもが子どもだった頃は、服飾に、ラッピングに、装飾にとたくさん使ったけれど、今となっては機会が少ない。選り抜…

238 瓢箪のマラカス

子供のガラガラになるようなマラカス。20年近く前にギャラリーで購入した。欲しい人があるのでプレゼント。とてもありがたい。 瓢箪のスピーカー、瓢箪の楽器、瓢箪の器。色々あっていい展覧会だった。記憶は物がなくてもなくならないんだな。

237 蓋物

直径7センチくらいの陶器の蓋物。全く同じものをもう1つ持っている。それにはちょっといい塩を入れて、毎日使っている。思い返してみれば、同時に2つとも使っていたことがない。塩をこれに入れていれば、佃煮は別の形のものに入れたい。だとすれば、同じも…

236 ゴーフルの缶

こんなの手放すのが一騒ぎなんてね。パッケージや緩衝材の段ボールの設計、ショッピングバッグのデザインなんかが大好きで、中でもきれいな缶が手放しにくい。 ここに書けば手放せるかな。ライフデザインがなってないということで。 さすがにコレクターみた…

235 マイクロファイバークロス

いただき物。どうも、わたしの取りたい汚れが取れないので、しばらく使ってみたけれど処分する。 このところ、多忙と疲労が重なって色々放りっぱなしだったけれど、これからも手放す生活を続けて行く予定。以前より、手元に来た時点で手放すことが上手になり…

234 トマトのエキストラクト

いくらでも長持ちするし、面白いのでずっと冷蔵庫にあった。梅干しみたいに常温でも長期保存できる。それにしても長く持ちすぎた。 いろいろ使ってみたけれど、そろそろいいことにする。楽しませてくれてありがとう。

233 バターナイフとコルク抜き

以前手放したブレッドナイフと同じく、木でできた本物そっくりのパン型。テーブルに出すと会話が弾むグッズとして効果が高い。ただし、道具としては使いにくい。 こういう本物そっくりに弱く、昔だったらタルトの形のキャンドルとか、先日のうさぎのポットと…

232 黒酢の甘酢

容器はレストランで買ったドレッシングの転用。切り干し大根の甘酢漬けが最高なのだけれど、使わないまま年を越した。元々は、冷凍食品についてくる甘酢。暮れの忙しい時期に冷凍食品を使って、甘酢だけが残った。 容器は、今無くなりそうな出汁醤油の仕様が…

231 クロッグ

ダンスコのイングリッド。もう、この靴しか履かないのかというくらいよく履いた靴で、3代目。これまで買ったまま足を入れたらそのまんまぴったりで、どこも当たらず歩きやすいから惚れ込んでいた。左のストラップが取れ、それだけでなく、最近足当たりが良…

230 ハンドクリーム

この秋から使い始めたハンドクリーム。柚子のいい香りがする。ただ、効果がわたしの定番のユースキンに敵わず、ほぼなくなったところで入れ替えた。 肌につけるものは相性があるから、ステキだったりいい香りだったりだけではうまく行かない。

229 カウンター

かなり前に翻訳をやっていた頃、フィーはワード数でカウントされていた。その頃使っていたカウンター。ワープロソフトのカウントでは仕事上の数え方と誤差があったため。 イベントなどで使う時があるので、個人使用ではなく仕事場に持って行くことにした。 …

228 タートルネックセーター

もともと薄手だけれど、ところどころ透けるように薄くなってきたセーター、穴を開けてしまった。直して着たとしても寿命が短そうなので、無印良品にリサイクルに出そう。 服も傷み時なのかもしれない。ダメになるものが多い。大人になってダメになるまで着ら…

227 携帯おしぼり

スノーピークの携帯おしぼり。結局ハンドタオルをジップロックで運ぶ方が省スペースなので使わない。いただき物。中のハンドタオルは拭き掃除用に保管した。 素敵なんだけど要らない。きっと差し上げても同じことだろうと。案外当たり前の日用品の方が便利だ…

226 シニアグラス

フレームに亀裂が入り、数日のうちに広がって、レンズが抜け落ちた。とりあえずこれは処分。 外出用のクリックリーダーと家用のコレとの2本を使っていたのだが、どうしようかな。クリックリーダーは外で使うにはとても便利なのだけれど、ちょっと置くには不…

225 ミニ折りたたみ椅子

これも出番のないもの。我が家はアウトドア活動とは本当に縁がない。たまにこういうものが家にやってくる。ちょっと無理して使うのだけれど、もともと要らないものなのですぐ使わなくなってしまう。 この椅子も2つあって、1つはずいぶん前にひっそり手放し…

224 調理家電

家人が勢いで買ったもの。一度しか使われないまま、10年弱しまわれたまま。わたしの憂鬱の種でもある。これからしばらく、こういうものも処分対象にしてしまおう。そのうち自分がまだ執着しているものも手放せてしまうかも知れないから。

223 古鍵

以前小道具にと希望があって差し上げた鍵が返ってきた。形も美しいのだけれど、美しいだけのものを持っている余裕がない。わたしには使い道がないと話したのだけれど、結局戻ってきた。 こういう時は、元の場所に戻さずに処分してしまう。 だんだん明らかに…

222 会計補助書類

12年分は残してあるので、その前の書類を一掃。モノを減らすと言ってもいろいろ難物が。調べて処分するとか、とにかくヤケクソにならないことが必要。 面倒だからと後回しにして来たことがとても多い。新年そうそうあまり反省したくないけれど、いろいろあり…

221 錫の酒器

残念ながら全然使わない。いただき物で、良いものだということがわかるので、今まで手放すことができずに来た。もう長いこと天袋にしまわれていて、ずっと気になっていたのだが、機会があったら人に譲ろう、売ってもいいと思いながら何もしなかった。 反省し…

220 スタンプ

大量にスタンプを持っていた。ラッピングペーパーを自作したり、ファブリック用のインクでプリントをしたりした。ずいぶん減らしたけれど、5つを残して5つ処分する。 パソコンが当たり前のものになり、スタンプもいらないみたいだけれど、多分また使うように…

219 古い名刺

さすがにぼかしてみる…… 元日1日「手放す」もお休みして、今日からまた始まる。朝から古い名刺の整理。 何度も何度もしていることだけれど、人に会う機会が多いのですぐ溜まる。企業人の多い集まりに行くと、まるで名刺交換会みたいになるのだが、名刺を交換…

218 オーブンの部品

グリルとして使うときに使うオーブン部品。オーブン機能が壊れたので、今後使えるようにはならないだろう。余裕ができたら買い替えをする予定。 この部品は使わなくなって長い。とりあえず今のオーブンを延命したとしても、この部品は使わないのだから、今年…

217 ポストカード

黒歴史のオリジナルカードをまた発掘した。メッセージ入りのポストカードを3種類作ったのだが、仕上がってみたら自分で気に入らなかった。これで色の沈み具合など、ずいぶん勉強になったと思う。 夏からの「毎日手放す」中で、これで残ったのを全部手放した…

216 ファイルボックス

書類を減らして、とりあえず不要になった。今後はリサイクルの道筋がすっきり見えないものは買わないことにする。段ボールは繰り返しリサイクルするルートができているというから、紙のボックスを中心に使うのがいいかもしれない。家の中から、土に還らない…

215 小引き出し

35年くらい前にもらった小引き出し。とても良いものらしいのだけれど、実はもらったその日から好きではない。小ぶりなのに、驚くほどたくさん入る。 処分すると言ったらもったいないと散々言われ、ためらっていた。気分が乗っている時が処分時。そして、きっ…

214 マグネットボード

指向性の強磁力があるマグネットとボード。デスクの上を片付けたので不要になった。元々メーカーにいただいたもの。長いことありがとう。数年で使い勝手が変わったのは、わたし自身が変わり時なのだろう。 年末だというのに、ちまちまと片付けを続けている。…

213 ファイル、フォルダ

ファイルにレフィルどっさり、クリアファイル、その他いろいろ。書類を整理して捨てたので、保存していたファイル類がいらなくなった。未使用は別として、くたびれてきたものは手放してしまおう。 結構未使用のものもある。いつ買ったんだろう。本棚にちんま…

212 古い年賀状

古い手紙は手放した方がいい。いろんな想いが詰まっているけれど。死後、手紙を誰かが見ると思うと、じりじりとした気持ちになる。今だけ、今だけの付き合いで、続いていくものはこれらがなくとも続いていくだろう。

211 雨下駄

雨の日に着物を着て出かけるということを考えられない。この下駄は人から譲られたもので、その人もあまり履いてないのだと言った。多少歯が減っているけれど、まだまだ新しい。新しいままで我が家に送られてからもう10年近く、一度も履かない。 下駄箱で見る…

210 ギフトボックス

とうとう今年も使わなかったギフトボックス。以前ディスプレイに使ったり、写真の小物に使ったりした。5つ組にして、あと2つになってから全然使わず数年経った。こういうものを、季節用品として色々しまってあったが、ここからも、未来のことを考えて減らし…

209 アクセサリー

本物もジャンクも記念品もアーティストグッズもあり。そろそろ卒業。 長く生きるぶんだけさまざまな執着がある。ものと向き合うことは、生きてきた自分と向き合うことでもある。過去の自分に愛着があると、手放しにくいものがあるのは仕方ない。そして、今の…

208 本棚の整理

まだ本はたくさんあるけれど、今日も抜く。1980年代の本などは、手放すのに勇気がいる。倒産した出版社の食の本。ここに手をつけ始めたのだから、多分もっと減るだろう。迷いながら、何度も手をつけてはやめながら、やっぱり手放していくんだろうな。

207 アルミの使い捨てトレイ

一枚だけ使って、その後10年近くたっている。こういうのは毎年の大掃除の時に処分しているはずなのに、キチンとしまわれてずいぶん長いこと経ってしまった。使わないなら処分する。物事はそんなにすっかり行かないけれど、このアイテムに限っては、生き残っ…

206 うさぎのティーポット

30年も連れ歩いている。わたしは「本物そっくり」や「まんまミニチュア」にとても弱い。このポットは本物サイズで、急須についているような曲木の取っ手がついている。 手に入れて30年、実は一度も使っていない。試みに水を入れてみたとき、傾けると口からド…