手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

モノ

567 メジャースプーン

代々のコーヒードリッパーのスプーンだけど、重さで測っているのでスプーンは不要。現役の分も含めてプラごみに。お洒落なスプーンも売られていることだし、欲しい時には買えばいい。

566 冬物シャツほか

冬物を広げて不要なものを3点。もっとありそうに思っていたけれど、すぐ手放せる服はこのくらいしかない。日を置くとまた何か出てくるかもしれない。 本当にやめない以外に使うものばかりで暮らすことはできない。もしかすると片付いている人たちは、ごく自…

565 排水口の蓋と缶

キッチン排水口のラバーの蓋を外したのでゴミ受けのカゴがむき出し。この蓋なら中は見えずに細かいゴミや水は流れるので最高!と思ったのだけれど、中が乾かないのでぬるぬるが出やすい。結局取り外すことにした。 もう一つは、大好きな七味缶。

564 アクセサリー

まあ、ちょっとずつ。母親が大量にわたしに託して亡くなったのだけれど、どれもバーゲンで2000円くらいのもの。少しずつ処分する。燃えないゴミにしてしまう。これは供養である。プローチはスペインで母親に買ってお土産にしたシルバーのブローチなんだけど…

563 ケーブル

家人の引き出し開けたらまだまだ湧いてくる謎ケーブル。面白いのでつい写真撮るけど意味ないこと夥しい。「これいらないかも」とどんどん捨てられるほどいさぎよくない。それでも何じゃこりゃなものはたくさんあって、わたしですら即決で処分するものもある。…

562 保存容器

大きめで平べったい密閉容器。だいぶ使ってゆるんだ。プラ塗料の筆も不用品。正月早々あまり面白くもない不用品が出るけど、これも日常。少しでも家から出していければいいと思う。このサイズはけっこう重宝したので、もしかしたらまた欲しくなるかもしれな…

561 カーディガンとスカーフ

紺のカーディガンと水玉スカーフ。共にもらいもの。この二つは似合うと思う。でも、カーディガンの色が少し好きではないのであまり着ることがない。服の好みというのは不思議なもので、少し気に入らないだけで着ない。多分この先も。

560 接着剤など

さまざまな用途の接着剤。まだそんなに古いわけではないのだけれど、しばらく使わないと思うのでいらない。以前コンビニでめちゃくちゃ小さいアロンアルファを見たことがあり、あれは賢いと思う。固まらずに最後まで使えたことがないもの。

559 壊れたもの

固定とレンズのコレ、名前なんて言うのかな。壊れて久しい。直すものの箱に入っていたのだが処分。ケーブルもまだまだいろいろありそう。イーサのケーブルやミニUSBなど、へたしたらシリアルのケーブルも出てくるかも。

558 半袖ワンピース

手刺繍カットワーク手縫いのワンピース。半袖のコットンブロードなので夏物なのだけれど、なんとなく鎮魂で持っていた。でもね、あれもこれも鎮魂で持っていても仕方ないんですよね。あの人の思い出をひとつ、この人のもひとつと、暮らしを侵食しない程度に…

557 食器

年末なので、欠けのある食器を処分する。最近は金継ぎなどする人もあるのだけれど、ほかに手持ちの食器があるのでやめておこう。 母親が骨董屋の付き合いがある主婦で、いろんなものが家にあった。大抵は雑器で手頃な値段で買えるようなものだ。時に大物はか…

556 ディスク類18枚

まだCDやらプログラムディスクやら結構残っているのだけど、少しずつ向き合って抜いていきます。減らして減らしていくと、ある日全部いらなくなったりする。 というわけで、年末年始も同じように目についたら減らしていこうと思っています。

555 フェルトペン、パンチ

フェルトペン、家人の収納のあちこちから出てくる。3本残して処分すると決めたので、もう、書き味も試さず出てきたら処分。ほんとに申し訳ない。パンチはA4までの紙をリングファイルに収納できるように穴の開けられるパンチ。最近はファイリング自体ほとんど…

554 保存容器

ガラスの保存容器が使いやすいので、少しずつプラスチックのものを入れ替えていく。マイクロプラスチックが!とかリサイクルが!とかいうタイプでもないのだけれど、油が回ったり匂いがついたり、なんとなく薄汚れてくるのがプラスチックのよくないところ。 …

553 失敗した買い物とか

写真の中で失敗した買い物は、ラップホルダーとして使っていたセパレートホルダーと定規。ニーズに合わなかった。スプレーボトルは多分パーツがダメになったのだと思う。スプレーがうまくいかなくなった。 おまけに消しゴムとディスク。消しゴムは3年くらい…

552 布マスク

寒い時にはこれをすると、冷たい空気が直接胸に入らなくて楽。喉の風邪をひいた時、鼻のつまる風邪をひいた時も楽になる。ただ、かなり古びてきたので、来年ひとつ買うことにしてこれらは手放してしまおう。 普段にマスクをする習慣はないが、一つあると便利…

551 ふろしき用ハンドル

風呂敷をバッグとして活用するためのハンドル。確かに手持ちのどの風呂敷もバッグとして使えればもっと活用できる。ただ、バッグ自体を必要な数持っているので、わざわざこれを使うことがない。 買った頃は布に凝っていて、さまざまな柄のものを持っていた。…

550 古布類

かなり古い感じになった手拭いほか布類。普段なら掃除に使うところだけれど、今年は古タオルがたくさんできたので、そっちの方が掃除しやすい。 「布の命を使い切って」なんて、今年のわたしには無理。ウェスばかりたくさんあっても仕方ないので、大掃除だと…

549 ミテーヌ

これももらいもの。似たようなものを持っているのでいらない。もらいものは一種の呪いだと思う。その人の意思が入り込んでくる。もらった時がピークだと思って、気にかかるものはどんどん周りからなくしていこう。

548 シリンジなど、引き出しから

料理のデコレーションに使うために持っていたシリンジと、お弁当用のレンゲ、放り込んであったミニドライバー。どれもとりあえずで放り込んだもの。この引き出しはあまり開けなかったので、溜まっていることに気づかなかった。まだ捨てられるもの、手放せる…

547 パーティーバッグ

キラキラ系バッグがひとつくらいあってもいいと思っていたのだけれど、必要になったら買おう。これもいただきもので、何度か使ったのだけれど、紐が始末に会えなくて困っていた。海外と違って、日本にいる限りパーティーのプロトコルが決まってないので、な…

546 ブラウス

いただき物で、もらったその日から好きなんだけど、実はわたしにはきつい。大好きだから手放せずにここまで来たけれど、観賞用というわけにはいかないので手放そう。書かないと手放せない。せめて写真を撮るという思い切りの悪さ。

545 シリコンカップ

小さなシリコンカップを4つセットになって買ったもの。色がつらくなって赤いのを手放す。シリコンカップ自体は、形が自由になるところが気に入っている。もともと4つセットを買ったのが間違いだということで反省。

544 キャップ

ニットキャップが不要になった。比較的新しい物なのだけれど、手放す方に入れた。この冬はこんなことが多い。できるようになったということ。メルカリと思ったけれど、バザーに寄付することにした。

543 冬用の寝具カバーセット

なんだか見ると気が重くなるようになった。これらは無印良品で買った物なので、店舗での回収に出す。無印良品も、下着以外は引き取ってくれる。海外に送るのではなく、バイオ燃料にしたりリメイクするというのでこのシステムが気に入っている。

542 ジャケット

夜の外出をしなくてはいけない時期があって、派手服をいくつか持っている。光ったり透けたりするようなもの。機会が減ったので、取ってあったのを処分する。3枚あるうちの1枚。

541 シュガートングなど

先日小さなカフェが閉店することになり、シュガーポットを買った。実は食卓に出せる冷蔵収納のつもりで買ったので、トングは不要。でもセットだというので持ち帰った。 トングと、使わなくなったフックを処分。

540 おたも小

タイトルは商品名。家庭用の中華鍋にちょうどいいサイズで、チャーハンのお供だった。具を炒めるのはもちろん、冷やご飯を火にかけながら潰すのが簡単。大きな大きなスプーンみたいなもので、毎日のように使ってきたのだけれど、手放す気になった。 木べら1…

539 21センチ丸皿

10枚持っていたのを減らしてきた丸皿。昔の無印良品のもので3枚残してあったのだけれど、1枚手放す。人の集まる家だったけれど、もう子どもくらいしか呼ばないかもしれない。馴染んだものは手放しにくい。日常的に使っているのは2枚なのだからもういいな。こ…

538 椅子

夏、一つ手放したのと同じ椅子。区の回収に出す。年を取れば、部屋をできるだけ広くしないと危ないし(まだ大丈夫だけどね)、うっかり服など置くと億劫になる。これから先ますますやる気がなくなりそうだから、どんどん進めないとね。区の回収は、使えるも…