手放す日記

モノもコトもヒトも手放していく。カラダと五感を磨く。

モノ

367 スカート2枚

赤のボックスプリーツと黒ちりめんのラップスカート。どちらもよく着た。1年半、ほぼワンピースで暮らしてみてこれがなじむので、しばらくしまってあったら、黒はなんとなくくたびれていて、赤は今気分じゃない。こんな時は手放そう。減らす時期なのだから。

366 長財布

大好きな青っぽいゴールドでお気に入りだったのだけれど、年をとればとるほど手擦れや傷みは汚らしくなるので買い換えた。同じものはなぜか黄色っぽいゴールドになっていたのでやめて、グリーンの2つ折りにした。 元の財布はカードがやたら入る作りでそれが…

365 コインパース

小銭は馬蹄型のケースに入れるのが好き。片付けるのが下手なので、しょっちゅう探しているけれど。どちらもかなり消耗したので処分する。今はコインの入る場所のある財布を使っている。これなら出てこなくならないから。それでも自信が持てなくて、つい先日…

364 生ゴミ入れ

これがあると三角コーナーがいらないのよ、ともらったもの。実はもう何十年も三角コーナーは持っていない。調理の時に片隅に小さなザルを置き、調理しながらクズを入れていく。濡れなければ、生ゴミはあまり汚くならない。 イベントの時にあれば便利と思い、…

363 USBメモリ

長年使っているのだが、いつのまにか3個になっているのでひとつ処分。これは多分15年くらい使っている。もっとかも。コンビニでのプリントアウト用や人に渡すデータを入れるために使っていて、頻度は週に1回くらい。 人によってはオンラインよりUSBメモリに…

362 麻のハンカチほか

贅沢なものをいただいて使い切れなかったり、背伸びをして買ったけれど使えなかったり。こんなことに縛られるのはおかしいけれど、自分を否定するよくな気がするのは何故だろう。 たった3枚のハンカチとインド土産のバンダナ。

361 ゴムのグリッパー

生ゴムのグリッパーは、開かない蓋をあけるのにずいぶん役に立った。ずいぶん昔にアメリカのアウトドアグッズを扱う店で買った。 今でも開かない蓋はあるし、力も衰えるばかりだけれど、もう、ホンキで開かない蓋は諦めてもいいのではないか。ゴムも以前より…

360 RIVERSのマグカップ用フィルター

コーヒーの淹れ方とか扱いを変えたので、以前愛用していた道具が不要になっている。これもその一つ。シリコンの台座に金属網をはめ込んで使うタイプで、マグカップで気軽にレギュラーコーヒーを淹れられる。 このブランドはかっこいいし、こだわりがあってい…

359 箸置き

箸置き、使わない人も多いようだけれど、わたしは箸置きを置くところから食事の準備が始まる。セットで買ったものもたくさんあったのに、いつのまにか全部バラバラで6個ある。今までに買った箸置き、多分数では50を超えていると思う。一人暮らしでも3個くら…

358 衣類5点

全部もらいもの。ものを手放すのは、感情が付きまとうのが難しい。見た時に憂鬱になるようなものは、どんどん手放したらいいのに。わかっているのにうまくいかない。大抵は、手に入れた時から気に入ってはいないのに、今まで長いことありがとう。生かしてあ…

357 謎のポーチ

ポーチかどうかわからない。いいでしょ、鍵でも入れなさい、小銭でもいいわねと渡された。もともとなんのために作られたものなんだろう。ずっとわからないまましまってあったもの。 実母が亡くなって、やっとこういうものに手がつけられるようになった。呪縛…

356 ベルベットのジャケット

こちらもいただき物。うちに届いてから一度も着ていない。着てみても似合わない。何度もトライして何度も納得がいかないのだが、おススメと送られてきたので無下にできなかった。 だいぶ長いこと経っていますが、もういいよね、手放します。

355 紺Tシャツ

いかにもだらしなくなってるのは、パジャマがわりに着古したから。仕事に着るものなどはしょっちゅう見直しているのにここは盲点。ふと気づいたら背中が薄くなるほど着古している。人に見られたくないものは処分。カットして明日掃除に使う。

354 トートバッグ

いただき物。A4には少々入り口で引っかかる。お母さん向けのバザーをする人があるので提供しようと思う。osamというブランドのバッグで、決して安くはないのを知っているのでついなんとかならないかと思ってバザーにと思うけれど、欲しい人がなかったら邪魔…

353 1穴パンチ

しきりに使っていた時期もあったのだが、最近手にしていない。道具は常日頃使っていないと途端に死んだようになる。 使うシーンがちょっと想像できないので手放そう。

352 キャリーバッグ

荷物があまりに重い時に使っていたキャリーバッグ。重すぎたのか扱いが雑すぎたのか、キャスターの軸がガタガタして重い荷物こそ安定しない。荷物に振り回されるようになり、これでは本末転倒。 この地域では粗大ゴミ扱いで処分費400円だそうだ。

351 なんでも書くノート

どんどん頭に詰め込んで、どんどん出していく。過程でたくさんのメモを書く。1カ所に書いておかないと探せないのでノートに書くことが多い。あまりに色々書いてあるし記録でもあるのでなかなか手放せない。でも、見返すこともない。何年か経つと処分する。 …

350 キャンドル ホルダーとティーキャンドル

窓辺に時々キャンドル を灯す。キャンドル作家からすてきなピラーキャンドル をいただいたので、こちらは処分。もしまた欲しくなったら、モロゾフのプリンを買えばいい。 ティーキャンドルにぴったり合うサイズと質感のプリンと出会った時には感激したものだ…

349 sou sou の地下足袋

実は地下足袋歴は長い。高校生の頃面白がって祭足袋を普段にはいた頃からで、もちろんしばらく履いてなかったのだけれど、sou souというブランドが、裏にきれいなプリントを使ったオシャレな地下足袋を売り、それを買った。 地下足袋は履いてみたらわかるけ…

348 ウィンドシェル

かなり新しいのだけれど、着ていて生地の音がシュルシュルするのが我慢できずに、あまり着ることがない。風雨の日に濡れ気味で歩いているので便利だと思ったのだが。 着るものについて、生理的に我慢できないものがけっこうある。実物を見て買っているのに時…

347 ショップバッグ

買い物をして、持ち帰った段階で役目は終えている。なのに、「何かの時にあると便利そう」と思う。まだ傷んでいないから。片隅の決まった場所にしまい込む。ふっと気づくと増殖している。 ここ何年もエコバッグを使っているけれど、頂き物は紙袋に入ってくる…

346 バスマット

お風呂あがりに足を拭く。この写真は使用後のものだけれど、濡れると汚れが取れなくなっているのがわかる。白いバスタオルをいくつか処分したので、コレと入れ替えよう。バスタオルもいずれは処分するけれど、とりあえず入れ替える。 もし一人暮らしだったら…

345 B4印刷用紙

以前整理した時に残したB4の用紙。和紙、コピー用紙などいろいろあるけれど、長く使わないのだからもう使わないのだろう。必要になったらまた買えばいいし。 インフレになるからものは捨てるなと言った知人がいたけれど、人生がそんなにたっぷり残っていない…

344 古布3キロ強

一抱えもある風呂敷包みの中身は、実母が集めた古布だ。着物の切れ端だったり祖母の着物やわたしの子供の時の晴れ着、祖父の羽裏や誰のものかわからない着物や帯。ボランティアで布を必要とする人がいるので届けることにする。

343 シアバター

使い始めは良かったのだ。うっかりオーブンの横に置いて出かけ、帰宅したら家族がローストビーフを焼いていた。とろとろに溶けていて、よくかき混ぜて固めたのだけれど、匂いがするようになってしまった。 上質のシアバターで惜しい。ホントに惜しいんだけれ…

342 抜き出して

箪笥の引き出しを開いて、最近使っていないものを抜き出す。バティックスカート2枚、茶のスキッパーシャツ、キャンバス地の袋、黒のスヌード、スカーフ1枚。まだあるけれど、とりあえず今日はこれで。まだ処分できるものがあると思いつつ。 ここ1年半、日常…

341 キャンバス地のポーチ

かなり昔のもらいもの。メーク用品入れだったこともあるし、PC周りのものを入れていたこともある。ハガキより1回り大きいマチ付きポーチで便利に使っていたのだけれど、最近は出番がなかった。洗ったら、ファスナー部分がよれてスムーズじゃなくなったせいも…

340 手袋2双

手袋2双、嫁入り先が決まりました。よかった。1つは革のミテーヌ、もう1つは黒の革手袋。手元に残ったのは赤いジャージーのミテーヌと黒の指先なし手袋、グレーの毛糸の手袋。手は1対しかないし、手袋はあまり好きではないので、これで十分だと思います。

339 付属の計量カップ

以前家電をいただいた時付属品としてついてきたのだけれど、使い所がわからない。そのまま取ってあったのだけれどこれはもういらないことにする。 この辺りは燃えるゴミとして捨てられるので、ゴミ箱にそっと入れた。

338 スチームクリーム

残り少ないのだけれど、なんだか急に匂いが気になるようになってしまった。劣化したのか、体調なのか。肌につけるものなので、これはしばらくは使わない。ならば、その間にも劣化は進むだろうから、今手放してしまおう。昔のわたしだったら、缶は取っておい…